Justice and Victory for Toru Goto

goto (1)

 

FFWPU USA: On September 29, 2015, Japan’s Supreme Court handed Toru Goto the final victory in his civil case stemming from his 12-year and 7-month confinement by faith breakers.

Mr. Toru Goto (51), president of the National Association of Victims of Abduction, Confinement and Forced Conversion, was confined him in an apartment in Tokyo and pressured to give up his faith and leave the Family Federation for World Peace and Unification (FFWPU). Upon his release, he sued his relatives and the deprogrammers for their forced confinement actions, and last November, the appeals court judgment ordered the relatives and deprogrammers to pay a total of 22 million yen as compensation for damages. Last week, the Japanese Supreme Court dismissed the final appeal of the defendants and let the previous verdict by Tokyo High Court stand. This ended Mr. Goto’s seven-year legal battle to receive justice.

The following comments were given by Mr. Goto following the final ruling in favor of his case:

“I am sincerely grateful that the civil verdict in my favor has been finalized, and I want to thank everyone who supported me. Following my release from confinement on February 10, 2008, I fought a total of seven years in both the criminal and civil courts. This was not just a personal fight. I also fought with the thought that I was representing the 4,300 victims of abduction and confinement during the past 50 years.

“By the finalization of this verdict, the unlawful actions by Christian ministers known as ‘opposing ministers’ and deprogrammers who received money in return for their deprogramming activities, who until now had escaped legal accountability, were condemned.

“Also, it is important that the courts have stated clearly that faith-breaking involving physical confinement, even by family members, is unlawful and can never be permitted.

Perhaps influenced in part by the current case, there have been only two incidents of abduction and confinement during the past year (or perhaps I should say there have been as many as two). Also, we have seen that members, when confined, strongly protested and resisted and were soon released by their families. This is something that we had not seen previously. Such developments give us hope that abduction, confinement and forced conversion are coming to an end.

“At the same time, I want you to know about Masato Ishibashi, who has been missing for 1 year and 9 months since January last year and is presumed to be confined. Please refer to this website for details on his situation. We must secure the release of Mr. Ishibashi as soon as possible. Please continue to give us your interest and support as we work to root out abduction, confinement and forced conversion.”

Dr. Michael Balcomb, President of the Family Federation in the United States of America, also remarked on this case:

“This is an important human rights victory for all minority religious believers in Japan, not just for Toru Goto and the many other Family Federation members who have suffered confinement and persecution for their faith. I congratulate our Japanese colleagues for their dedication and commitment to this cause, and add my prayers for those members of our community of faith who are still suffering from forcible confinement in Japan.

“Rev. and Mrs. Moon, our True Parents, have always taught that we all are children of our Heavenly Parent, regardless of our racial, religious and national background. We are created to be one family under God, living together in mutual understanding, love and respect. Buoyed by this landmark decision in Japan, we now move on together toward that ideal with a renewed sense of confidence.”

goto (2)

125ヵ月の拉致監禁裁判 最高裁が改宗活動家らの上告棄却

12年5ヵ月にわたって都内のマンションなどに拉致監禁され、世界平和統一家庭連合(旧

世界基督教統一神霊協会)からの脱会を強要された当会の後藤徹代表(51)が、事件に関与した親族と職業的改宗活動家らに損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は9月29日、親族と改宗活動家らの上告を棄却する判決を下しました。親族と改宗活動家らに総額2200万円の損害賠償の支払いを命じた控訴審判決が確定し、後藤代表が勝訴しました。

第3小法廷は、親族らが①控訴審判決は違憲②控訴審判決理由に不備がある――と主張したのに対し、「その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するもの」であり、上告の理由にならないと判断しました。

東京高裁(須藤典明裁判長)は2014年11月13日、拉致監禁の事実認定について後藤代表の主張をほぼ全面的に受け入れ、兄夫婦と妹の3人に対して総額2200万円の支払いを命じるとともに、改宗活動家・宮村峻(たかし)氏に対しては、上記損害のうち1100万円を、また新津福音キリスト教会(新潟市)の松永堡智(やすとも)牧師に対しては同440万円を連帯して支払うよう命じていました。

 

事件の概要

後藤代表の両親、兄夫婦及び妹は1995年9月、宮村氏と松永牧師らの指導を受け、後藤代表を東京都保谷市(現西東京市)の実家から新潟市内のマンションに拉致し、約1年9ヵ月にわたって監禁。松永牧師が監禁場所を訪れ、脱会強要を行いました。

97年6月、後藤代表は東京・荻窪のマンションに連行され、引き続き10年以上にわたって監禁下における脱会強要が行われました。宮村氏は元統一教会信者らを引き連れて監禁現場を訪れ、後藤代表に対する脱会強要を行いました。

監禁中、後藤代表は何度も脱出を試みましたが、親族らによって取り押さえられ、インフルエンザにかかって高熱を発した時も病院に行くことは許されませんでした。

長期監禁から一生解放されないのではないかと不安を感じた後藤代表は、21日間を2度、30日間を1度の合計3度にわたってハンガーストライキを敢行。これに業を煮やした兄夫婦らは、後藤代表に流動食しか与えず餓死寸前に追い込みました。ようやく食事が出されるようになっても、親族らは粗末な食事しか与えない“食事制裁”を実施。後藤代表は2008年2月に解放された際、体はやせ細り、極度の飢餓状態に陥っていました。

 

○後藤徹代表のコメント

このたび、最高裁への上告が棄却され、民事裁判勝訴判決が確定いたしましたこと、これまでこの裁判を応援して下さったすべての皆様に心から感謝申し上げます。

思えば、2008年2月10日に監禁から解放されて以来、刑事と民事を合わせた約7年間に亘る法的戦いにおいて、私個人としての戦いはもちろんですが、過去50年間における4300人もの拉致監禁被害者の代表としての意識で戦ってきました。

本裁判の判決が確定したことにより、今まで拉致監禁を実行する信者家族の背後に隠れ、法的追及を免れてきた拉致監禁を教唆・指導する“反対牧師”といわれるキリスト教牧師や脱会説得の見返りに金銭を受け取る“脱会屋”の存在とその悪行が明確になり、その不法行為が断罪されました。また、たとえ親子兄弟であったとしても身体を拘束するという手段を用いての脱会説得は、違法行為であり、決して許されることがないということが司法の場で明示されたことは、評価できると思っています。

本裁判の影響もあってか、ここ1年ほど拉致監禁・強制脱会事件は2件だけです(まだ、2件もあるともいえますが)。しかも監禁された信徒が激しく抗議・抵抗した結果、家族が信徒を監禁から解放するという、今までの拉致監禁事件とは違った様相を呈しています(今までは、信徒が抗議しても脱会を表明するまで監禁を解かれなかった)。このような現象を見るにつけ、いよいよ拉致監禁・強制棄教は終息しつつあるという印象を受けます。

しかし、ここで皆様に是非知っていただきたいのは、去年の1月に失踪して以来、1年9カ月間に亘って未だ監禁されていると思われる八王子教会所属の石橋正人(まさと)さんのことです(石橋さんに関しては以下のサイトをご覧下さい)。

http://kidnapping.jp/news/150321.html

石橋さんを1日も早く解放しなければなりません。

どうか、拉致監禁・強制棄教の根絶に向け、今後とも皆様のご関心とご協力をよろしくお願い申し上げます。

全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会

代表 後藤徹